メインの画像
  • HOME
  • > 薬物療法で改善する

薬物療法で改善する

薬物療法で改善するの画像

過敏性腸症候群の主な治療方法の一つに、薬物療法があります。

なお、薬物療法は生活指導や食事指導、心理療法の補助的な位置付けとしておこなわれることになります。 過敏性腸症候群の症状に対する効果を期待することができ、使用することにより体はだいぶ楽になることでしょう。 まず、症状がそれほど重くない人に対しては、腸のはたらきをよくする整腸薬、 消化管機能調整薬を使用することがあります。

お腹を下す症状がひどい患者に対しては、下痢止め薬が使用されることになるでしょう。 また、お通じが悪いことで辛い思いをしている人には、腸に刺激を与えることで便通を促す下剤が使用されたり、 便が硬いことでお通じが悪くなっている人にはやわらかくしてスムーズな排便を促す薬が使われることになります。 それから、下痢型の過敏性腸症候群を発症している男性だけしか使用できませんが、セロトニン受容体拮抗薬が選択されるケースもあります。

この薬を使用することにより、下痢が起こるのを食い止める効果が期待できます。 そのほか、腸に対して直接作用するのではない薬が選択されることもあります。 過敏性腸症候群という病気はストレスが原因で発症したり、症状が悪化したりしますが、 強いストレスや不安がある人に対しては、それを改善する薬が使用されます。

たとえば抗うつ薬や抗不安薬を使用し、精神症状を改善する方法が選択されるのです。 なお、薬物療法では自己判断で薬をやめたり、 減らしたり増やしたりすると病気の回復に悪影響を及ぼしますので、病院側の指示通りに使っていくことが大切です。

▲ このページの先頭へ戻る