メインの画像
  • HOME
  • > 予防方法で改善する

予防方法で改善する

予防方法で改善するの画像

ひとたび発症すると経過が長くなり、しっかり治すことも難しいとされているのが過敏性腸症候群の厄介なところです。

この病気になると下痢や便秘、腹痛などの不快症状に長く悩まされるようになるため、 まだなっていない人は予防を心掛けたいところです。

過敏性腸症候群は生活習慣との結び付きが強く、生活習慣の乱れが呼び水となって発症するリスクが増大します。
したがって、発症する原因をつくらないことが予防に有効ということになります。 具体的にどういう生活習慣がいけないのかというと、ストレスをそのままにしていてはいけません。 ストレスは自律神経の乱れに繋がり、過敏性腸症候群を引き起こすことになりかねません。

趣味の時間をつくったり、体を動かしたり、リラックスする時間を設けるなどして上手にストレス解消をしましょう。 また、食生活にも注意しなければ過敏性腸症候群を招くことに繋がってしまいます。
食べ過ぎや飲み過ぎはよくありませんし、腸に刺激を与えるタバコを吸うのもよくありません。 お酒もお腹を下しやすくなりますので、適量にとどめておくことが大切です。

コーヒーやお茶などカフェインが含まれているものも腸に対して刺激を加えることになるため、摂り過ぎには注意したいところです。
逆に摂るのが好ましいものとしては、腸のはたらきを整える食物繊維、ストレスを緩和するビタミンやミネラルが挙げられます。 それから、十分な時間眠れていないことでもストレスが溜まりますので、 睡眠不足にならないようにすることも、過敏性腸症候群の予防に効果的です。

▲ このページの先頭へ戻る